Jupyter Notebooksとの連携

Jupyter Notebookを使えば、Excelをデータの表示や読み込み用DataFrame作成のためにインタラクティブに利用することができます。それらは関数 viewload で簡単にできます。

注釈

関数 viewload はインタラクティブな操作のみで使用してください。スクリプトの場合は、 クイックスタートシンタックス概要 で説明するxlwings APIを使用してください。

view関数

view関数は、数値、文字列、多次元のリスト、Numpy arrayやPandas DataFrameなど表示したいオブジェクトのほとんどを利用できます。デフォルトでは、view関数は新しいワークブックのExcelのテーブルにデータを書き込みます。同じワークブックを使うには、 sheet オブジェクトを指定します。e.g. view(df, sheet=xw.sheets.active) 。詳細は view を参照してください。

_images/xw_view.png

バージョン 0.22.0 で変更: 以前のバージョンでは出力結果をExcelのテーブルにフォーマットしていませんでした。

load関数

ExcelのシートのRangeをPandas DataFrameとして読み込むには load 関数を使用します。一つのセルを選択すれば、自動的にすべてのRangeに拡張されます。もし二つ以上のRangeを選択すれば、選択したRangeのみを読み込みます。Excelのデータにインデックスやヘッダーがなければ、次のように False を設定します: xw.load(index=False) 。詳細は load を参照してください。

_images/xw_load.png

バージョン 0.22.0 で追加.