スレッド化およびマルチプロセス化

バージョン 0.13.0 で追加.

スレッド化

xlwingsは技術的にはスレッド セーフではありませんが、v0.13.0以上でシンプルなルールに従えば、スレッドで使用することができます。xlwingsのオブジェクトをスレッドに渡さない。このルールはmacOSでは要求されませんが、プログラムをクロスプラットフォームで使いたいのであれば推奨されます。

以下の 動かない 例をみてみましょう:

import threading
from queue import Queue
import xlwings as xw

num_threads = 4


def write_to_workbook():
    while True:
        rng = q.get()
        rng.value = rng.address
        print(rng.address)
        q.task_done()


q = Queue()

for i in range(num_threads):
    t = threading.Thread(target=write_to_workbook)
    t.daemon = True
    t.start()

for cell in ['A1', 'A2', 'A3', 'A4', 'A5', 'A6', 'A7', 'A8', 'A9', 'A10']:
    # THIS DOESN'T WORK - passing xlwings objects to threads will fail!
    rng = xw.Book('Book1.xlsx').sheets[0].range(cell)
    q.put(rng)

q.join()

これを動かすには、 Book オブジェクトを渡すのではなく、スレッド内でセル参照を完全に指定するだけです:

import threading
from queue import Queue
import xlwings as xw

num_threads = 4


def write_to_workbook():
    while True:
        cell_ = q.get()
        xw.Book('Book1.xlsx').sheets[0].range(cell_).value = cell_
        print(cell_)
        q.task_done()


q = Queue()

for i in range(num_threads):
    t = threading.Thread(target=write_to_workbook)
    t.daemon = True
    t.start()

for cell in ['A1', 'A2', 'A3', 'A4', 'A5', 'A6', 'A7', 'A8', 'A9', 'A10']:
    q.put(cell)

q.join()

マルチプロセス化

注釈

マルチプロセス化のサポートはWindowsのみです!

スレッド化と同様のルールがマルチプロセス化にあてはまります。以下は動く例です:

from multiprocessing import Pool
import xlwings as xw


def write_to_workbook(cell):
    xw.Book('Book1.xlsx').sheets[0].range(cell).value = cell
    print(cell)


if __name__ == '__main__':
    with Pool(4) as p:
        p.map(write_to_workbook,
              ['A1', 'A2', 'A3', 'A4', 'A5', 'A6', 'A7', 'A8', 'A9', 'A10'])