MatplotlibおよびPlotly Charts

Matplotlib

pictures.add() を使えば、簡単にMatplotlibのplotをExcelの図として貼り付けることができます。

はじめに

以下は一番簡単なサンプルです:

import matplotlib.pyplot as plt
import xlwings as xw

fig = plt.figure()
plt.plot([1, 2, 3])

sheet = xw.Book().sheets[0]
sheet.pictures.add(fig, name='MyPlot', update=True)
_images/mpl_basic.png

注釈

update=True を設定すれば、Excelでプロットのサイズや位置の変更が続けて、同じ名前('MyPlot')で pictures.add() を実行すれば、サイズや位置を変えずに図を更新できます。

Excelとの完全統合

上記のコードを RunPython で呼び出し、ボタン等に登録すれば、Excelと統合できますしクロスプラットフォームで動作します。

しかしながら、Windowsでは UDF を次のように設定することでさらに統合することができます。:

@xw.func
def myplot(n, caller):
    fig = plt.figure()
    plt.plot(range(int(n)))
    caller.sheet.pictures.add(fig, name='MyPlot', update=True)
    return 'Plotted with n={}'.format(n)

この関数をインポートしB2セルから呼び出せば、B1の値が変わるたびに図は自動的にアップデートされます。:

_images/mpl_udf.png

プロパティ

サイズ、位置および他のプロパティは pictures.add() 内の引数としてか、戻り値のpictureオブジェクトを操作することで設定できます。 xlwings.Picture() をご覧ください。

例:

>>> sht = xw.Book().sheets[0]
>>> sht.pictures.add(fig, name='MyPlot', update=True,
                     left=sht.range('B5').left, top=sht.range('B5').top)

または:

>>> plot = sht.pictures.add(fig, name='MyPlot', update=True)
>>> plot.height /= 2
>>> plot.width /= 2

Matplotlib fitureの取得

matplotlib figure オブジェクトの取得方法をいくつか示します:

  • Pyplot インターフェースで:

    import matplotlib.pyplot as plt
    fig = plt.figure()
    plt.plot([1, 2, 3, 4, 5])
    

    または:

    import matplotlib.pyplot as plt
    plt.plot([1, 2, 3, 4, 5])
    fig = plt.gcf()
    
  • オブジェクト指向インターフェースで:

    from matplotlib.figure import Figure
    fig = Figure(figsize=(8, 6))
    ax = fig.add_subplot(111)
    ax.plot([1, 2, 3, 4, 5])
    
  • Pandasで:

    import pandas as pd
    import numpy as np
    
    df = pd.DataFrame(np.random.rand(10, 4), columns=['a', 'b', 'c', 'd'])
    ax = df.plot(kind='bar')
    fig = ax.get_figure()
    

Plotly static charts

前提条件

In addition to plotly, you will need kaleido, psutil, and requests. The easiest way to get it is via pip:

$ pip install kaleido psutil requests

or conda:

$ conda install -c conda-forge python-kaleido psutil requests

See also: https://plotly.com/python/static-image-export/

使い方

Matplotlibと同じように機能しますが、Plotlyチャートの描画は少しだけ時間がかかります。以下がサンプルです:

import xlwings as xw
import plotly.express as px

# Plotly chart
df = px.data.iris()
fig = px.scatter(df, x="sepal_width", y="sepal_length", color="species")

# Add it to Excel
wb = xw.Book()
wb.sheets[0].pictures.add(fig, name='IrisScatterPlot', update=True)
_images/plotly.png